読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本も捨てたもんじゃないぜ。と思う理由

f:id:tiramisuLife:20161211103035j:image

こんにちは!Karen(@Tiramisu_Karen)です。

 

私は小さい頃から海外にとにかく関心があって、物心ついた時から「海外に住みたい!」と思っていました。

 

学生の頃は、留学をはじめ、海外旅行も10カ国以上行ってきました。会社員になってからも、可能な限り休暇を長くとって、台湾やニュージーランドなど、相変わらず海外旅行を楽しんでいます。

 

海外に行ってしか味わえない、価値観や文化に出会える刺激や面白さが本当にたまらないんですよね。

 

関連記事:

tiramisulife.hatenablog.com

 

が、そんな私もやはり日本が好きです。

むしろ日本人として生まれたことに誇りに思うことも度々あるくらい。

 

そこで今回は、海外好きだからこそ感じる日本の良い所を紹介していきます。

  

日本のココが良い①:食

断言しましょう。

食に関して、日本は世界でダントツ一番です。

 

世界一周した経験があるわけではありませんが、少なくとも美食の国と言われるフランスで10ヶ月過ごしても、「いやー、日本には負けるなー」と正直何度も思いました。

美味しいお店も美味しい料理もたくさんあるのは確かですけどね。おかげでたくさんお肉もつけましたし(笑)。

 

ただ、食に関して、日本の何が世界一かというと、「どのお店もまず間違いない」ところです。

私の舌がバカなのかもしれませんが(笑)、日本にあるお店ってどこ入ってもとりあえず「美味しい」し、「良いサービス」じゃないですか。

美味しくて、サービスも良いのは当たり前で、それプラス「独自のこだわりがある」とか、「飛び抜けて美味しい」とか、プラスαなところで評価されているのが日本だと思うんです。

 

一方で、たとえばフランスは、ちゃんとしたお金を払えばたしかに間違いないのですが、日本みたいに1000円ちょっとで満足できる国はほとんどありません。

牛丼チェーンなんて、ワンコインレベルですもんね。

こんなに安いのに、サービス満点で、店内も清潔で、味も美味しくて満足できるお店が点在してる国って日本以外そんなにありません。

ものすごいありがたいことです。

 

日本のココがいい②:温泉

温泉はやっぱ最高です。一気に体の疲れを癒してくれます。

冬の露天風呂ほど「日本に生まれてよかったぁ〜」と思える瞬間はないですw

 

海外にも温泉があるのは確かなのですが、日本の場合、天然温泉にこだわらなければ本当にたくさんの温泉施設が点在してますよね。こんなのって、海外はまずありません。

しかも大きいところだと、露天風呂や岩盤浴も併設されています。ますます海外ではあり得ません。

 

私は時々体の疲労を強く感じた時に、温泉施設にぷら〜っと一人で足を運びます。

いい感じに汗を流せてデトックス効果もあって、良質なお水で肌も綺麗になって、疲れもとれて。こんなことが、利用料2000円で好きな時間だけ楽しめる場所が点在してるなんて、日本くらいなもんです。

 

ちなみに神奈川県在住の方には鶴見区にあるRAKU SPAを全力でおすすめします(笑)。

JR川崎駅、鶴見駅から無料送迎バスもあるのでアクセスもバッチリですよ!

 

日本のココが良い③:秩序の高さ

日本人の秩序の高さは、日本人の自分でも感動するレベルです。

 

つい先日、地下鉄のホームを歩いていたら、「すみません」と後ろから肩を叩かれました。

振り返ると、「マフラー落としましたよ」と言われて、腕にかけていたはずのマフラーがないことに気づいたのですが、「あー日本だ」って、その時すごくありがたく思いました。

 

海外の地下鉄なんて、むしろ危ないところも多くて、モノなんて落として返って来る確率は限りなく0に近いです。「忘れ物承り所」なんかも、ちゃんと機能してるの日本くらいじゃないでしょうか。

 

この他にも、道端に落し物らしきものがあった時、近くのフェンスにかけてあったりしますよね。「踏まれないように」「持ち主が見つけやすいように」。

これも見かけるたびに「くああああぁ、日本!!」って一人で嬉しくなってます。

これって、別に特別そうやって教育されたわけじゃないけれど、子供の頃からそういう環境に育ってきたから自然にやる行為なんですよね。国外ではまずありえないです。

 

この他にも、長蛇の列でもちゃんと末尾に並んで横入りしない、だとか、道端にゴミがほとんどない(ゴミ箱が設置されてないにもかかわらず!)とか、挙げ出せばきりがないのですが、日本の秩序の高さは本当にすばらしくて、誇りに思います。

 

日本のココが良い④:便利

日本ってとにかく便利ですよねー。

便利なお店「コンビニエンスストア」もそこら中にあって「あれがなーい!」となっても「とりあえずコンビニ」でなんとかなる場合がほとんど。そこらのスーパーも夜遅くまで開いています。

自動販売機も本当にそこら中にありますよね。海外ではありえないですよ!

 

これも平和な日本だからこそ成り立ってるんですよね。

夜遅くまで店を開いていても、ジュースやお金がたくさん詰まった箱(自販機)が道端に置かれていても何の問題もないのは、強盗や犯罪が少ない日本だからこそ。

 

逆に言えば、犯罪が多くなれば、お店も早くしまう必要が出て来るし、自販機なんて置いていられなくなるわけで、便利なこともどんどん減っていくわけですよね。治安の良さって生活の利便性にも繋がるってことだから、大事なことだなと余計に感じます。

 

 

 日本はすばらしい。だからこそ海外に行ってみてほしい

2016年は、「日本死ね」なんて言葉も流行りましたね。

たしかに経済面でも政治面でもあらゆる面で問題はあります。特に労働面はいうまでもありませんね。

 

でも日本人であること、日本で生まれたことは間違いなく幸運で、それはちゃんと認識してほしいです。

アルバイトでもとりあえず食っていけるような国、他にどこがあるのでしょう。

 

日本人として生まれた時点で、「とりあえず飢餓で死ぬことはない」が保障されているようなものです。これがそれだけありがたいことか。

 

 

「有ることが難しい」と認識できるから、有り難みを感じることができます。

海外の経験がないと、比較対象がないので、日本にあること全てが「当たり前」になってますからね。

その結果として、すごく贅沢に、わがままになっている日本人って結構多いなと思います。

 

海外がご無沙汰な人、行ったことがない人。一度冬季休暇を利用して国外へ行ってみてはいかがでしょう。

「日本ってやっぱ良いな」と思える瞬間がきっとあるはずです。

そうなれば、日本に対して感じている不満や鬱憤も和らぐ一助となるかもしれませんから。