読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休日は献血に行こう!私が献血を本気でおすすめする理由

こんにちは!Karen(@Tiramisu_Karen)です。

 

みなさんは休日、何をすることが多いですか?

 

私はMacを購入してから、ずっと憧れていた「Macを開きながらカフェ」をすることにハマっています。おそらく今週末もそうでしょう(笑)。

 

そんなミーハーな私ですが、先週の土曜日は急遽予定が空いたので、思い立って献血に行ってきました!

 

実は私、高校生の頃からちょくちょく献血をしていて、何気にベテランなのです(笑)。そして今回はなんと、記念すべき10回目の献血だったらしく、赤十字社からガラス製のおちょこももらえました!(笑) 正直いらない。

 

で、私がなぜこんなに献血に行くのか?なのですが、別に「私の血で一人でも多くの人が助かれば!」なんて善意ばかりで行っているのではありません。

もちろん困っている人に少しでも貢献できたら、という気持ちはありますけどね!

 

私が献血に行く主な理由は他にあります。

今回はそれを紹介しちゃいます。

f:id:tiramisuLife:20161119090440j:image

 

1.無料でカフェが楽しめる

「無料」なんて、最初からヤラシイ理由でごめんなさい(笑)。

でもこれは正直私の中でかなり大きいです。だって無料ですよ?

 

スターバックスなんて行けば、ドリップコーヒーのSサイズでも300円はしますよね。

加えて甘いもの大好きな私は、それにプラスしてスコーンやケーキなども一緒に注文してしまうので、そうなるとお会計は700円超えます。美味しいからいいんですけど!

 

一方で献血ルームに入ってしまえばコーヒーはもちろん、様々なソフトドリンク、お菓子も並べられています。もちろんみんなフリーです。

しかも無料だからといって、いい加減な味の飲み物というわけでもありません。

この間行った横浜の献血ルームはとても素晴らしかったです。立派なコーヒーメーカーで淹れたての味を楽しめました。スタバコーヒーに負けず劣らず、とても美味しい味でした。

 

最近は献血する人が減った影響で、特に若者の集客に力を入れるため、日本赤十字社もいろいろと工夫をしているようです。

 

例を挙げると、例えば先ほど紹介した横浜の献血ルーム。

中に入ってびっくりしました。

「ここはオシャレカフェか!?!?」と思わせるほど、とっても素敵な内装でした。

ソファのような座り心地の良い椅子やコンセント付きの机などもあって、まさにオシャレなカフェでくつろげる感覚。

 

ちなみに様々な種類の雑誌や本も陳列されていました。

無料のドリンクにお菓子、それに本ときたらもう最高の休日ですよね。

先週末行った際はMacを持ち歩いていたのでパソコンも広げてくつろいでました。Wifiが飛んでいる献血ルームがあることもポイントですね。

 

2.健康状態がわかる

これ、献血の経験がない方は知らない方も多いと思いますが、実は献血が終わってから数週間後に、血液検査の結果が送られてきます。

 

そう、

普通の健康診断で受ける血液検査とほぼ同じ項目の数値が献血で分かるんです!

 

普段なら1万円くらいしちゃうようなことが、献血するだけで無料で検査もしてくれるんです。これ、素晴らしすぎません???

 

企業勤めの正社員でない方の中では、もしかしたら健康診断しばらくしてない!なんて人いるかもしれません。これを活用してみてはいかがでしょう?

 

またそれだけでなく、献血は生活習慣の見直しのきっかけにもなります

先ほども書きましたが、ヘモグロビン濃度が足りないと献血はできません。献血の後で、低血圧で倒れちゃったら大変ですからね。

 

実は先日献血ルームに行った時はその理由で断念せざるを得ませんでした。

だからその結果から、「自分には鉄分やたんぱく質が足りていない」ということがわかったので、それからというもの、ほうれん草や大豆などを気にして取るよう心がけるようになりました。

振り返ってみたら、食事が偏っていたことにも気が付いて、食生活バランスの見直しにも繋がったんです

 

3.で、やっぱり困っている人を助けられるから

「人助けしたんだぜぃ」なんておおげさなこと、献血しただけでエラソーに言うつもりはありません。

それでもやっぱり、血液を必要としている人って日本国内でもたくさんいて、自分の血液で助かる人が間違いなくいるんです。

 

私が献血する主な理由は1や2にあげたことです。それは間違いありません(笑)。

でもその結果として救われる人がいることを思うと、私はなお嬉しいです。

 

街中歩いてても、本当によく見かけます。

「献血協力して下さい!足りていません!」という看板。

それだけ足りていないものを身一つで提供できるんですから、そりゃあ体内で流しておしまいよりかは人のためになった方がいいでしょう!

これは健康な私たちにしかできないことでもあるんですからね!

 

献血に行ってみるか!という方。以下の点に注意して下さい。

この記事を読んでもし「行ってみっかぁ」と思ってくれる人がいたら、次の3点は確認してから行ってください。

せっかく足を運んだのにだめだった〜なんてことになったら時間がもったいないですから!

 

1.海外滞在後一ヶ月は献血できません。

私のような海外好きな人は要注意です。海外によく行く人はそれだけで割とできる機会が減ります。

滞在先によっては行ってから数年は拒否されるケースもあるそうです。

他にも妊娠中の方や予防接種を受けたばかりの方は受けられないなど、献血をするには条件がいくつかあります。行く前にチェックしておくのがよさそうです。

 

2.献血した日の飲酒はほどほどに

今夜飲み会があるからそれまでの間に行こ〜なんて考えて行くと、せっかくの飲み会が楽しめない、ということになりかねませんw

献血は、一定量の血液が取られます。血液の60%が水分と言われているので、献血の後は軽い脱水症状みたいになっているそうです。なのでその状態でアルコールを摂取すると、酔いが回りやすくなります。私のようにお酒が弱い人はきっとその日は飲まない方がいいんでしょうね。

 

3.無理はしないで

注射が苦手な人は、行って後悔することもあるかもしれません。

献血している最中は、点滴のように30〜1時間ほど針が差しっぱなしの状態になります。痛みを感じるのは基本的に刺す時だけ(と言ってもほんのちくっとした痛みですよ!)ですが、どうしても注射が苦手!と言う人は少し考えてから臨んで下さい(笑)。

 

 

 

今週末、あるいは直近の休日はなにをする予定ですか?

家でゴロゴロ?

カフェでのんびり?

 

そんな方は一度お近くの献血ルームに足を運んでみてはいかがでしょう?

同じ時間を過ごすなら、これだけのメリットがある場所に行った方が有意義だと思いますよ!

 

あ、ちなみにネット依存の方もご心配なく。

献血中もスマホいじれます(笑)