読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憂鬱な時、落ち込んでる時に前向きになれる方法

人生 悩み

f:id:tiramisuLife:20161022110613j:image

こんにちは!Karen(@Tiramisu_Karen)です。

 

最近落ち込んでいませんか?

ふとした時にため息をついて、「自分なんかもうだめだ」って自信喪失していませんか?

 

私自身、時々こんなふうに、自信がなくなって自己嫌悪に陥ることが少なからずありました。時には数週間とか、数ヶ月とか、長期的に憂鬱になる時もありました。

鬱になるほどではないのだけれど、ひとりになるとなんか落ち込んで、時には涙したり部屋の中にこもったり。

なにか物事がうまくいかなかったり、周りばかりうまくいっているようにみえたりする時など、特にひどく落ち込んでました。

 

そんな時に限ってへんなプライドが邪魔して家族や友達に相談できなくて、自分の中にますます不安や悩みを閉じ込めて苦しんでいたんですね。

 

振り返ってみれば「大したことなかったなー」というようなしょうもない悩みばかりなのですが(笑)。

 

でも憂鬱になったり、落ち込んだりするのって、あんまりいい気分じゃないですよね。

周りにも心配かけてしまうし、自己嫌悪に陥ってますます自信が持てなくなって行動に移せなくなる。 

だからそんなマイナスな気持ちは一刻も早く一新させた方がいいんです。

 

ということで今回は、私が落ち込んだ時に実践している「前向きになれる方法」をご紹介したいと思います。これでみんなも元気になって!

 

 1. 1日の良かったことを3つ書き出す

悩んでいる時、自信がなくなっている時、物事を悲観的に見るようになりがちです。

普段の精神状態でいればなんでもないことも、勝手に何かに紐付けて「やっぱりだめだ…。」なんて、延々と悲劇のヒロインのようになっています。

 

ひとりで悩んでいると、なんとなくマイナス方向に物事を考えてしまうんです。

 

そしてそのマイナスの考えによって、自分に自信が余計になくなり、行動力も削がれてしまってまさに負のスパイラルなのです。

 

だからそんなスパイラルから一刻も早く逃れる必要があります。

そんな時に役立つのがこれ。

 

「今日起きた3つのよかったことリスト」

 

なんでもいいんです。今日自分の身の回りで起きた「よかったな」と思うことをとにかく3つ書き出すのです。

本当にどうでもいい、些細なことでも構いません。

 

たとえば私の場合、昨日よかったと思うことは、

1. 秋晴れで朝から清々しかった

2. はてなブログでいいねをしてくれる人がいた

3. インターネットの低速化が回復した

 

です。本当に些細なことばかりで恐縮です(笑)。

でもこれでいいのです。

 

悲劇のヒロインになっている最中は「私なんか不幸なことばかり!」みたいに考えてしまいがちなのですが、あなたのなんでもない日常には、振り返ってみると「よかったなぁ」と思うことは必ず3つはあるはずなのです。

 

こんなふうに「よかったこと」を書き出していると、”プラスなこと”を考えているわけですから、気分も同時に少しずつ晴れてきます。

気分が晴れてくると、「自分にもいいことって案外身近に起きてるんだな」と負のスパイラルからも少しずつ抜けていきます。これが大事なのです。

自信はそもそもその行動した結果や経験から生まれるものですが、その行動の原動力として、自分自身にも「できるんだ!」という前向きな姿勢が必要となります。

 

だから「よかったこと」を考えて、負のスパイラルから抜け出すことは、そんな自信を与えてくれる糧となるはずなのです。

本当に些細なことでもいいのでとにかく書き出してみましょう。

 

ちなみに紙に書き出すのが面倒な人は、スマートフォンのメモ帳機能を利用したり、日記のアプリを利用して、毎日軽く書き出してみるといいと思います。私はそうしていました。

そんなふうに残しておけば、「あぁ、こんなことあったな」と後日読み返す時も楽しくなりますしね。

 

2. 友人に相談しよう

これに尽きます。

私は個人的に、親よりも友人がいいなと思います。

親は、もちろん自分の子だからと親身になって話を聞いてくれますが、やっぱり状況をちゃんと把握しきれないところがあるというか…やはり年齢の差を感じます。

 

友人の方が、自分の置かれた状況をよりわかってくれるし、案外同じような悩みを経験していたり、持っていたりすることが多いです。

そうすることで、「自分だけが悩んでたことじゃないんだ」と気も楽になります。あなたの悩みや不安は、あなただけが抱えているというのはほとんどないと思います。

もし、その悩みが特殊で、相談できる友人がいないと思うのならば、Google先生に聞いてみましょう。

 

”○○○ 悩み”

 

なんて検索すれば、知恵袋などで同じようなことを相談している人や、その悩みにまつわる情報が手に入れられるはず。

あなたと同じような悩みを抱えている人は絶対に他にもいるはずですから。

その人たちがどんな風に乗り越えたか、客観的にその悩みをみて何ができそうかを考えるきっかけにしてみよう。

 

まとめ:プラス思考になろう、悩みを打ち明けよう

『人生に悩みはつきもの』とはいいますが、実際に悩みが大きくなると結構落ち込みますよね。

そんな時にfacebookなんかをみると、みんなが総じてハッピーライフを送っているように見えるものだから、余計に苦しくなってたことを覚えています(笑)。

facebookはその人の生活の中でも「よかったこと」をピックアップしているだけ、なのにもかかわらず。

 

悩んでいる時、facebookを見る代わりに、1日1回、自分の生活の中から「よかったこと」を探してみてください。

3つだけだからそんなに時間も取らないし、プラスのことを考えているわけだから、気分もよくなりますから。できれば本当に気分が晴れるまで毎日続けてください。

そして友人など、あなたの悩み事を理解してもらえそうな人にもどんどん相談をしましょう。根本解決にはならなくても、悩みを打ち明けるだけでもだいぶ気が楽になります。

 

是非実践してみてください。

それでは!