読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事が遅くて悩んでる?じゃあこれを実践してみよう。

働き方 悩み

こんにちは!会社員2年目のKaren(@Tiramisu_Karen)です。

 

日本人の会社員の悩みと言ったらまず出てくるのが残業ですよね。

 

私自身、SEとして企業に勤めているのですが、一般的に残念ながら残業が多い職種で有名です。私も例外ではなく、今年の春までは午後8時まで残業する事はほぼ当たり前の状態になってました。

通勤時間も一時間半を超えていて、帰りが夜9時を過ぎている事はザラでした。9時前に帰れた日は「寝るまで2時間もある!」なんて、時間の感覚完全におかしくなってました。(笑)

おまけに当時は無駄にプレッシャーをかけてくる先輩と一緒にいたものだから、その時は身心ともにやばかった。。

その頃の状態はこの記事読めばわかってくれるはず。

tiramisulife.hatenablog.com

 

で!です。前置きが長くなりました。

 

私はこのままじゃマズイ!とニキビ顔で本気で考えるようになり、「自分の仕事のスタイル」について問題意識を持ちはじめました。

それで見つけ出した事のひとつが⬆︎のストレス対処法なのですが、まあこれって仕事に対する根本的な対策に実はなってないんですね。

なにも人は、なんの理由もなく怒ったりすることはなく、私にも非があったんです。

 

それが仕事の遅さ。

 

いつの間にか午前中が終わって、15時になって、定時時間になってました。

で、どれだけ仕事が進められたかというと…自分でも嫌になるくらい進んでいない時が多くて。始業時に立てた予定も半分くらいしか進んでない時も。

 

もうここまでくると自己嫌悪も甚だしかった。一生懸命やってるつもりなのに、所詮「つもり」だったんですよね。仕事効率がとてつもなく悪い。

そこで、どうにかしなきゃと思い立ち、今までなんとなく避けていた「自己啓発本」たるものを片っ端から読み漁りました。

や〜、自己啓発本ってやっぱり素晴らしい。

だって大きな成功を収めてるあんなスンゴイ人たちの考えてること、日々実践してうこと等が1000円ちょっとで知れちゃうんですもん。超おトク。

それで、いろいろな本を読んでいるうちに、だんだんと自分にあった仕事のスタイルを見つけることができました。

 

それからは自責による仕事の遅延は皆無と言っていいくらい。ただ、企業に勤めている以上、へんな雑用がどうしても入ってきて予定通りに進む事は100%と言い切れないのですが、それでも私は最近は18:30頃には退社できてます。

ということで今回は、私が今実践している「仕事がグイグイ進む方法」をご紹介したいと思います!

 

1. 1日の計画を15分刻みで立てる

 

まずやり方から。

  1. 紙に始業時間から午前まで15分刻みでばーっと書き出す。f:id:tiramisuLife:20161015151647j:plain⬆︎こんな感じ。
  2. 1日のタスクを洗い出す。
  3. 作業を細かく分けていってタスクの7割分を1の紙に割り振っていく

ここでポイントなのが、2つ。

2で出したタスクの7割は午前で終わらせるつもりで書くことと、「午前まで」の計画を立てること

「一日の計画」っていったやーん!ってツッコミが入りそうなのですが、これは「1日分の計画」を「午前にほぼ終わるように」の意味です。

 

なぜなら、午後までびっしり15分刻みで計画を立ててしまうと、少しでも午前遅れが出た場合にリカバリができなくなるからです(=残業につながる)。

午前だけの計画であれば、仮に午前で進まなかった部分が残っても、午後に計画を練り直すことで挽回が可能です。で、一回午後に計画し直すから「遅延してる」という感覚もリセットできて、精神的にもプラスに動きます。

で、15分という細かい感覚にしているのは、すぐに達成できるタスクを並べるわけですから「終わった!」という達成感を頻繁に感じることができ、楽しくなるからです。さらに、終わるたびに、計画を立てた時間の横にチェックを付けるなりすれば、目に見えて進んでいくのがわかるので余計に楽しくなっていきます。

 

2. 1日のタスクの7割は午前で済ませる

すでに1の中でも述べていますが、1日のタスクの7割は午前で終わらせましょう。

これは本当に本当に大事です。(ちなみに私が読んだ本には8割と書いてありました。ちょっと難しかったので私は7割。)

仕事が遅い人の大半は、午前中の使い方に問題があります。

9時から12時なんて本当にあっという間に過ぎますから。でもその3時間が逆に勝負と思って仕事に挑んでください。

逆に7割進まなかったら「ヤバイ」くらいのマインドでやるくらいがちょうどいいです。

特に企業に勤めている人は、容赦なく横槍作業や雑用を頼まれる確率が高くなりますから、優雅に午後までゆったりしていると、絶対に遅延につながります。

これは経験者の私が言っているのですから間違いないです。

午前中にほとんどの作業を片付けて、午後はゆっくりと作業を進めましょう。

食事と同じです。嫌いなものは先に食べたほうがあとで幸せでしょう?(笑)それと同じ。ゆっくりするのは午前ではなく午後!午前はとにかく仕事に集中しましょう。

しかも、そうすることで午後仕事が追加されても定時までに帰るようになります。

 

午後の大半はあくまで、横槍が入った時と、メールの返信や書類をまとめる時間と考えましょう。

 

3. 午前からそんなにやる気でないよ…と思ってるそこのあーた!

「そんなこと言われても、朝弱いんじゃわたしは!!」と思ってるそこのあーた。

午前中からフルパワーで仕事に臨める必殺技をお教えしましょう。

それは、、、これです!

 

スーパーサイヤ人★になること!!!

 

 

どーせ今笑ったでしょう。

それかまあ呆れたでしょう。

あ、こいつ頭おかしいやつだわとか思ったでしょう。

いやいや、そう言わず。冗談と思ってでも一度、「自分はスーパーサイヤ人だ!」と思って仕事に挑んでみてください。

私の場合、仕事の始業時間が8:40なので、9時までに計画を立てて、よしっやるか!って時にスーパーサイヤ人になります。(笑)

腕まくって「うぉおおおおおおおぉぉぉおお!」って心の奥底から思うんです。

もう私の中では髪の毛金髪になって逆立ってますからね。そんな感じ(笑)。

今こうやって書いてても少し恥ずかしいのですが、これ本当に効果ありますよ!

 

ただ、スーパーサイヤ人を1日もやっているのは週5日間どころか、1日ももたないです。一度午後もスーパーサイヤ人になってみようとしたのですが、15時頃には集中力は散漫しましたし、次の日まで疲れが出てやる気が半減しました。金曜日で次の日休みで、どうしても切羽詰まってる時はいいかもしれませんが。

 

午前にスーパーサイヤ人になって、髪の毛逆立てているのを想像しながら、「7割終わらせるんだ!!!」って本気で思って作業をしてみてください。

それだけで集中力、やる気が本当に違いますよ!

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回の技、公開するのなかなか恥ずかしいのですが、これで私の仕事に対するやる気や集中力は本当に変わったので、みんなに共有したいと思って書いてみました。

 

これを実践するようになってから、毎日遅くとも18時半には退社できています。

同じフロアのほとんどがまだカタカタ仕事してる中で、2年目の新米が「先失礼しま〜す」なんて言って帰るのは初めは少しだけ勇気がいりましたが、今は逆に「早く帰る子(や、実際は早いのではなく、普通なのですが)」という印象を持たれているので平気になりました。

 

ちなみに今回の技を教えてくださった超超超オススメの自己啓発本はコレです。

この人は、元マイクロソフト社で勤めていた方で、なんと!

あの「ドラッグ&ドロップ」や「右クリック」を発明した人だそうです!私の拙い文章よりも、ずっとわかりやすく、詳しく書いてあるので是非読んでみてください。ちなみに私は1日の計画の仕方を紹介しただけですが、この本は長期的な計画の立て方も丁寧に説明されています。実績のある方なので私よりもずっと説得力もありますしね。

 

さあ、これで来週からあなたもスーパーサイヤ人になって仕事をサクサクっとこなしちゃいましょう!

 

それでは!