読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【インド旅行記①】初バックパック。ドキドキのインド到着編

どうも、Karen(@Tiramisu_Karen)です。

 

私は子供の頃から海外が大好きです。海外に行くことで得られる刺激や新しい価値観、文化に触れることが楽しくてたまりません。

関連記事:

tiramisulife.hatenablog.com

 

で、私はこれまで十数か国旅した経験があるのですが、その中でもダントツ楽しかったのが…

f:id:tiramisuLife:20161009120421j:image

 そう。インドです!インクレダボーインディア!

 

計2週間ほど南部を周ったのですが、めちゃくちゃ刺激的な14日間でした。

なにって、インドで起こるすべてのことが非日常すぎて、食べてても、寝てても、電車に乗ってるだけでも、とにかくたのしすぎた

 

ということで、インドの魅力を伝えることも兼ねて、私が2年前にバックパックしたインドの旅をシリーズ化してみました!今回はその第一弾です!イエーイ!!

1.なぜインドに行くことになったか

私はそもそもその夏、韓国に行く予定でした。フランス留学中に仲良くなった韓国の友人(ヒジョン)に会いに行くためです。

ところがそのことを彼女に伝えると、

 

じゃあジェームズ達に会いに一緒にインド行くチュセヨ!

 
なんて言ってきました。
 
「いやいやいや、夏にインドとか自殺行為やろ(笑)」とは思ったのですが、気温を調べてみると、なんと!!!
8月でも最高温度の平均が30度ほど。
日本の方が下手したら暑いやん。…ということで急遽予定を変更しました。

ちなみにその「ジェームズ達」も留学中に仲良くなったインドの友人です。
彼らはまだフランス留学中だったのですが、夏休みの休暇でインドに帰っていたため『折角だから遊びに行こうよ!』ということになったんです。

私もインドは兼ねてから行きたかったものの、ツアーは嫌いだし、一人で行くのはなんか怖いし…と思っていたところだったので
 

チュセヨ!(いいよ!)

 
と、フットワークが超軽い私は速攻でOKし、 インド行きが決定しました。
 

2.いざ!インドへ!

その後、航空券など手配・準備をし、韓国で合流をしてから一緒にインドへ向かったのですが、なんせ当時学生だったヒジョンと私。。バイトで貯めたなけなしのお金で工面しなければならなかったため、航空券比較サイト(skyscanner)で見つけた一番安い日程の航空券で行くことになりました。

 

で、その日程というのが、

韓国(仁川空港)⇨中国(中国東方空港)

中国(中国東方空港)⇨シンガポール(チャンギ空港)

空港泊@チャンギ航空

シンガポール(チャンギ航空)⇨インド(チェンナイ空港)

インド(チェンナイ空港)⇨インド(マドゥライ空港)

というもの。

 

要するに片道だけで4回飛行機に乗る必要があったんです

ちなみに私は日本⇨韓国も含むので実質5回。パスポートに各国のスタンプが貯まる貯まる。今では私の大事なコレクション。(笑)

まあそんなことは大して気にかけていなかったのですが、ちょっと心配だったのが空港泊。

航空券を購入した時点で、もちろん空港泊になることはわかっていました。

その時はのんきに「空港で寝れるの⁉︎たのしそー!」なんて騒いでいたのですが、いざ当日になってみると普通にビビってました。

 

…だって、よく考えてみたら、部屋はおろか、プライベートも何もない空間…

いわば、野宿みたいなもんじゃん? 

 

3.すばらしすぎたチャンギ空港(シンガポール)

結論から言いましょう。何の心配もいらなかった。

心配どころか、Wifiも無料で6時間使いたい放題だわ、飲用水あるわ、24時間オープンの店あるわ、寝るとこたくさんあるわ(本来は座るとこ)、超がつくほど設備綺麗だわで「あるわあるわ」尽くしでした。

どうやらチャンギ空港は、世界一寝やすい空港としても定評があるみたいですね。

www.sleepinginairports.net

私たちのみならず、バックパッカーは他にもウロウロしていて、ある意味それがまた安心でした。

そしてこの通り私たちもいい感じに寝られるところを確保し、安心して寝ることができました。

f:id:tiramisuLife:20161009153335j:plain

※夏とはいえ、空港内は空調がしっかり効いているので寝袋は必需品です。

 

もちろん寝る際は、盗難対策にセキュリティーワイヤーを椅子に括って寝ました。

考えうるリスク対策は徹底すべきです。

 

ちなみに私はこのようなセキュリティワイヤーでカバンを括り付け、

パスポートや金目のものはセキュリティーポーチに入れ、首にかけて寝ることで備えました。

 安心しきって油断してる時に限って狙われますからね!念には念を。

 

…ということで一番心配していた空港泊も無事何事もなく終え、私たちは次の日の朝6時のフライトでインドに旅立ちました。

 

あとは無事飛行機がインドに到着すれば、もう会える!

 

ジェームズ達にもうすぐ会える!

長いフライトだった!

ジェームズ達にようやく会えるー!!!!

f:id:tiramisuLife:20161009174956j:plain

↑噂のジャームズ

 

と意気揚々に朝インドへ発ち、ドキドキ半分、ワクワク半分で到着ロビーをくぐる、、!

 

がしかし。

 

ジェームズ達がいない。

 どこを見渡してもいない。

 

K:「あ、そうだよね。まあ10分やそこら遅れるよ。インドの人ってそこまで時間にシビアじゃないって聞くし。」

 

f:id:tiramisuLife:20161009180202j:plain

 

ヒ:「あれ?一時間遅れて伝えちゃったかなー?インド国内で時差あったりしたチュセヨ?」※ありません。

 

f:id:tiramisuLife:20161009180206j:plain

 

 K&ヒ: 「・・・。」

 

f:id:tiramisuLife:20161009180436j:plain

 

マドゥライ空港に無事到着したものの、2時間待ってもこない。おまけに空港にWifiない。から連絡取れない。しかもなぞのデモのせいで人混みがひどくて座るとこもない。

とまあシンガポールの神がかったチャンギ空港とはうって変わって「ないない」尽くしの場所で待ちぼうけになることに。

 

私たちの運命やいかに、、!?

 

 

続きはインド旅行記②にて!